分析情報に基づく経営判断|一般的な営業職と違う形で働きたいならラウンダーを目指そう
男性

分析情報に基づく経営判断

レディー

製品やサービスが生産者から消費者へ渡るルートにはいくつも考えられますが、いずれのルートにも生産者が消費者に届けるべき製品やサービスの種類や数量、品質を的確に判断するのに必要な情報を収集し、記録を取ってその内容を分析する作業を市場調査と言います。調査目的により製品やサービスの販売調査、あるいは、販路調査、商品やサービスの価格に特化した調査の他に消費性向のデータを収集する消費者意識調査等に分けられます。いずれの市場調査でも企業の経営陣始め各部署の責任者が的確な意思決定を行うために行うわけですから、調査結果をまとめる報告書については単にデータを収集してまとめるリポートとは重要性が異なります。調査内容を分析する段階では市場予測する際、国内外の的確な関連情報を引用することが必要なので、平素から関連情報を含めたデータベースの適格性が問われるわけです。

昨今のネット社会ではネット情報が生産から販売、消費の各段階で頻繁に活用されているわけです。従って、何らかの製品やサービスの利用に好ましい消費者の口コミ情報がネットに流れればあっという間に製品やサービスの売れ行きが急増することになります。また逆に、使用する製品やサービスに何らかの欠陥やトラブルが起これば消費者の発する口コミ情報はあっという間に国内外の生産者、販売者と消費者に知れ渡ります。こうして、良くも悪くも情報の伝達スピードが速くなったため製品やサービスの販売が急激に変化することが時折り発生することが避けられません。市場調査ではこうしたマーケットの急変要因も予測し、急変事態が起こった時の対策まで講じて同業他社との販売競争に先んじることを求められる時代となっています。そこで、市場調査結果に基づいて製品やサービスが順調に消費者に流通していても生産、販売サイドは突然、流通状況の急変が起こることも想定していなければなりません。